生命保険を賢く節約・見直すなら、専門家に相談しながらしっかり比較!

保険料の格差が広がっています。もっともシンプルな定期保険ですら、1.5~2.5倍もの価格差。

日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命などの伝統的生保と、カタカナ生保、損保系生保などの新しい生保との間で、保険料の格差が大きく広がっています。

もっともシンプルな生命保険である定期保険で、保険料を比較してみましょう。

日本生命 vs アクサダイレクト生命

死亡保障1000万円、45歳男性が15年満期で加入したときの月々の保険料です。

日本生命
6,130円
オリックス生命
4,232円

1.5倍の差があります。

明治安田生命 vs アクサダイレクト生命

死亡保障3000万円、30歳男性が10年満期で加入したときの月々の保険料です。

明治安田生命
8,010円
アクサダイレクト生命
3,220円

2.5倍の差があります。

住友生命 vs ライフネット生命

死亡保障5000万円、30歳男性が10年満期で加入したときの月々の保険料です。

住友生命
11,050円
ライフネット生命
5,150円

こちらも2倍以上の差があります。

商品内容は同じなのに、1.5~2.5倍もの価格差があります。
賢い生命保険選びの第一歩は、複数の保険商品を比較すること。

保険会社によって、取り扱う保険商品に違いがあります。専門家に高評価の収入保障保険でさえ、すべての保険会社が取り扱っているわけではありません。

大手だから品ぞろえが良い、という考えは生命保険では通用しない

今、家計の専門家が、もっともすすめる死亡保険は収入保障保険です。『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『プレジデント』『日経トレンディ』など各誌が、保険特集記事の中で、子育て世代にもっとも合理的な生命保険と評価しています。

そんな収入保障保険なのに、すべての保険会社が取り扱っているわけではありません。

収入保障保険がある アクサダイレクト生命、AIG富士生命、オリックス生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、チューリッヒ生命、東京海上日動あんしん生命、三井住友海上あいおい生命、マニュライフ生命、メットライフ生命、T&Dフィナンシャル生命など
収入保障保険がない 朝日生命、かんぽ生命、住友生命、第一生命、大同生命、太陽生命、日本生命、三井生命、明治安田生命、ライフネット生命など

収入保障保険を取り扱っていない保険会社には、国内の伝統的な生保がずらりと並んでいます。

これらの生保が収入保障保険に後ろ向きなことには、共通する理由があります。
伝統的大手生保は、すでに自社の保険に加入している顧客がたくさんいます。そのため、伝統的大手生保の営業戦略は、すでに加入している顧客の保険を、新商品に切り替えていく(=転換)ことに、重点が置かれています。
そして、(専門的になってしまうので細かい説明は省きますが)収入保障保険は、そんな彼らの営業戦略に合わない商品なのです。保険会社側の都合です。

いずれにしても、大手だから品ぞろえが良いはず、という考えは生命保険には通用しません

経済誌、情報誌の生命保険特集で、保険のプロがすすめるのは、カタカナ生保、損保系生保の商品ばかり。

たとえば、『別冊宝島 - よい保険・悪い保険2015』の、終身保険ランキングのトップ3は・・・

1位 ソニー生命
2位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
3位 オリックス生命

たとえば、『週刊ダイヤモンド』(2015/1/17号)の保険特集の、医療保険ランキングのトップ3は・・・

1位 オリックス生命
2位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
3位 メットライフ生命

たとえば、『日経トレンディ』(2015.3月号)の保険特集の、定期保険ランキングのトップ3は・・・

1位 チューリッヒ生命
2位 メットライフ生命
3位 ライフネット生命

いずれも、各誌が保険のプロへのアンケート結果を集計したランキングです。

カタカナ生保、損保系生保の商品を比較して選ぶのが、賢い保険の入り方と言えそうです。

今や、生命保険に加入する方々の半分以上が、カタカナ生保、損保系生保を選んでいます。

伝統的生保と、カタカナ生保、損保系生保の2015年度の売り上げを比較しましょう。ニッセイ基礎研究所『生保決算の概要』をもとに作成しました。

伝統的生保の年間売り上げ(新契約高)は約42%。カタカナ生保、損保系生保等の新しい生保は、伝統的な生保を上回る支持を獲得しています。

やはり2015年度の各社決算から、個人保険の新契約高トップ15社を調べてみました。赤字がカタカナ生保、損保系生保です。

1位 日本生命
2位 かんぽ生命
3位 ソニー生命
4位 大同生命
5位 メットライフ生命
6位 東京海上日動あんしん生命
7位 三井住友海上あいおい生命
8位 マニュライフ生命
9位 第一生命
10位 明治安田生命
11位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
12位 住友生命
13位 太陽生命
14位 オリックス生命
15位 アクサ生命

トップ15のうち、半数以上をカタカナ生保・損保系生保が占めています。しかも、第一生命、明治安田生命、住友生命といった、伝統ある名門生保が、カタカナ生保・損保系生保の集団に飲み込まれています。
時代の移り変わりを強く感じさせられます。

ところで、カタカナ生保・損保系生保の商品内容を調べたり、見積もりを取り寄せるのは、時間と手間がかかりそうですね。
でも、心配ご無用です。
ファイナンシャル・プランナーや保険ショップなら、主な保険会社の資料や見積もりが、一気にお手もとにそろいます。

歴史の浅いカタカナ生保、損保系生保。しかし、保険会社の支払い能力をあらわすソルベンシーマージン比率は、優秀な会社が多いです。

保険会社の安全性を表す数字として、金融庁が採用しているのがソルベンシーマージン比率です。
この数字が大きいほど、資金の余力が大きい=保険会社しての安全性が高い、とされます。

下の表は、2016年3月末での主な生命保険会社のソルベンシーマージン比率です。
赤字がカタカナ生保、損保系生保です。

1位 メディケア生命 3,863.6%
2位 東京海上日動あんしん生命 3,378.1%
3位 アクサダイレクト生命 3,025.4%
4位 ライフネット生命 2,805.5%
5位 ソニー生命 2,722.8%
6位 オリックス生命 1,975.1%
7位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 1,771.4%
8位 三井住友海上あいおい生命 1,598.4%
9位 チューリッヒ生命 1,596.9%
10位 かんぽ生命 1,568.1%
11位 大同生命 1,341.9%
12位 富国生命 1,321.8%
13位 AIG富士生命 1,009.2%
14位 マニュライフ生命 960.9%
15位 明治安田生命 938.5%
16位 日本生命 924.4%
17位 第一生命 900.8%
18位 太陽生命 890.6%
19位 メットライフ生命 870.0%
20位 三井生命 854.8%
21位 アフラック 848.2%
22位 住友生命 835.4%
23位 プルデンシャル生命 810.5%
24位 アクサ生命 761.2%
25位 朝日生命 691.5%

カタカナ生保、損保系生保の保険商品を一通り比較して選べるのは、ファイナンシャル・プランナー保険ショップです。

ご覧のように、保険会社の数は増えていて、各社の競争が激しくなっています。医療保険、終身保険、収入保障保険・・・と調べたところ、どの保険のジャンルでも、上位はわずかな差でひしめき合っています。

保険料の差は小さく、性別・年齢等を変更して見積もると、安さの優劣は入れかわってしまいます。
また、各社とも特色を出していて、加入者が何を重視するかによって、保険の中身に対する評価は異なりそうです。

個人が見積もりを一通り集めて、比較するのは大変

一番いいのは、ここで名前をあげた保険商品の、ご自身の条件による見積もりを一通り集めて、比較していただくこと。
しかし、個人でそれだけのことをやるのは、大変そうです。

生命保険を販売しているところは、いくつもあります。
ちなみに、どこを利用して保険に加入しても、保険料や保障内容は同じです。

  • 生命保険会社の営業
  • 保険ショップ
  • 銀行など金融機関の窓口
  • 独立系ファイナンシャル・プランナー(FP)
  • その他の乗り合い代理店

これらの中で、お勧めの商品を一通り比較して選べるのは、保険ショップFP保険相談の2つです。

ちなみに、保険ショップは、さまざまな保険会社の商品を扱う店舗です。
FP保険相談は、FP(ファイナンシャル・プランナー)の有資格者による、訪問型コンサルティング・サービスです。

そのほかでは、お勧めの商品を一通り比較して選ぶことができません。


[保険会社の営業員]
自社の商品しか扱いません。複数の商品を比較して選ぶには非効率です。そして、もっぱら自社の商品を売り込むので、中立性はゼロです。

[金融機関の窓口]
複数社の保険商品を扱っています。ただし、グループ企業や親密な保険会社の保険商品に限られます。選択肢は不十分だし、かたよっています。

[一般の乗合代理店]
複数社の保険商品を扱っていますが、大半は、取り扱うことのできる保険会社は少ないです。問い合わせないと、どこの保険会社を取り扱っているのか分からないので、非効率です。

買い物をするときに、比較して選ぶのは当たり前のことです。にもかかわらず、高額の買い物である生命保険選びでは、ちゃんと比較して検討できるところは、限られています。

保険ショップ、ファイナンシャル・プランナー以外を選んだ時点で、最適な保険にめぐり合える可能性はほとんど無くなってしまうのが現実です。

名門コンサルティング会社の口コミ調査で、保険ショップやFP(ファイナンシャル・プランナー)保険相談は高評価です。

名門コンサルティング会社(株)日経BPコンサルティングが、2015年8月に、保険相談サービスについての市場アンケート調査「保険相談サービス利用に関する調査」を実施しました。

サービス満足度 オススメ度
保険ショップ
90.5%
83.8%
FP保険相談
85.8%
77.6%

保険ショップもFP保険相談も、主な保険商品の見積もりを一通りそろえることができて、利用者の満足度は良好、と言えそうです。

となれば、生命保険を検討するにあたって、保険ショップやFP保険相談を利用するのが賢い選び方、ということになりそうです。

なお、日経BPコンサルティングの調査の詳細は『日経BPコンサルティングの保険相談サービス利用調査』をご覧ください。

さて、期待できそうな保険ショップとFP保険相談ですが、どちらを選んだ方が良いのでしょうか?

気軽さなら保険ショップ、じっくり相談ならFP(ファイナンシャル・プランナー)保険相談です。

では、保険ショップとFP保険相談は、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。
双方の強み、弱みを整理しました。

FP保険相談 保険ショップ
強み
  • 公的資格を持つ家計や資産活用の専門家で、個人の知識や能力が高い。
  • 自宅・近所に来てくれる。人目を気にせず相談できる。
  • 申し込むと、すぐに相談できる。
  • 全国チェーンの安心感。
  • 取り扱える保険商品数が豊富
弱み
  • 申し込んでから面談までに7〜10日くらいかかる。
  • 取り扱える保険商品数は、ファイナンシャル・プランナーによって異なる。
  • 近所に保険ショップが無いと不便。
  • ショップによって、相談員の知識・能力の差が大きい。
こんな方に向いてます
  • 保険商品の相談の前に、家計・資産・生活設計について、じっくり相談したい。
  • 近所に保険ショップなど、相談できるところがない。
  • プライベートなことなので、他人の目を気にせず、じっくりと相談したい。
  • 検討したい保険の種類(医療保険、終身保険など)や、比較したい商品が決まっている。
  • できるだけ多くの保険商品を比較検討したい。
  • 急いで相談したい。

なお、こちらが出かける保険ショップの方が、来てもらうFP保険相談より断りやすい、という心理が働きやすいようです。
実際は、FP保険相談であっても、納得できなければ、気軽に断ることができます。

理想的なのは、両方に相談して、良いとこ取りをすることです。
保険の組み合わせ方の提案や、勧められる商品は、相談員やFPによって意外と異なりますから。

FP保険相談なら、お勧めできるのは2つのファイナンシャル・プランナー(FP)紹介サービスです。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、 国家検定AFP・CFPといった権威ある民間資格の取得者です。
資格を取得するには、金融、証券、保険、年金、ローン、不動産、税金等の幅広い知識を身につけていなければなりません。

生命保険加入は大きな買い物ですから、こうした専門家にじっくり相談して、納得して決めたいものです。
そんなニーズに応えるべく、無料でファイナンシャル・プランナーに保険相談できる、FP紹介サービスが増加しています。

ただ、残念ながら、各社のサービスの品質を判断するための情報が、これまで存在しませんでした。
そんな中で、ついに登場したのが、上でご案内した日経BPコンサルティングの「保険相談サービス利用に関する調査」です。

保険マンモスの保険相談は業界最高品質

保険マンモスは、この調査の全16項目のランキングのうち、11項目について、FP紹介サービスの中でトップになっています。
保険マンモスの保険相談は業界最高品質と言えそうです。

FP紹介サービスの保険相談の品質は、本来ファイナンシャル・プランナー(FP)個人の力量に左右されやすいです。

そんな中で、保険マンモスが飛びぬけて高い評価を得ているのは、登録しているファイナンシャル・プランナー(FP)の質を厳しく管理しているからです。

下でご案内する同社のホームページからわかるように、保険マンモスは、個々のファイナンシャル・プランナー(FP)に対する利用者の評価をしっかり管理し、それを公開しています。

相談するだけで6000円分の商品券がもらえるキャンペーンも、魅力です。
キャンペーンの詳細は、以下をクリックしてください。


ファイナンシャル・プランナーとの保険相談の進め方については、『ファイナンシャル・プランナーとの保険相談の進め方』をご覧ください。

保険のビュッフェは、しっかり相談できて、提案力に期待

参考にしている日経BPコンサルティングの「保険相談サービス利用に関する調査」ですが、残念なところもあります。
評価項目の中には、内容が重複していたり、単なる印象でしかないような項目もあります。

評価項目の中で、個人的に注目したいのが「 納得がいくまで何度も相談できた」「 自分に合った的確な保険を提案してくれた」の2項目です。

なぜ、ファイナンシャル・プランナー(FP)のような専門家に相談するかというと、自分に合った的確な保険を提案してほしいからです。
そして、しっかりと納得して、保険に加入したいからです。

この2項目で、FP紹介サービスの中トップだったのが保険のビュッフェです。

相談するだけで5000円分の商品券がもらえるキャンペーンも、魅力です。
キャンペーンの詳細は、以下をクリックしてください。


ファイナンシャル・プランナーとの保険相談の進め方については、『ファイナンシャル・プランナーとの保険相談の進め方』をご覧ください。

全国に展開する主要な保険ショップ・チェーンの中から、お勧めするのは3つのチェーンです。

上の日経BPコンサルティングのアンケート調査結果によると、保険ショップの中では ほけんの窓口がトップの評価でした。
保険の見直し本舗がこれに続きます。

ただし、日経BPコンサルティングが調査した保険ショップ・チェーンたった3社。どう考えても少なすぎます。他にも優良チェーンがあるはずです。
そこで、オリコン日本顧客満足度ランキングも調べました。

1位 ほけん百花
2位 ほけんの窓口
3位 みつばちほけん
4位 保険の見直し本舗

保険ショップは、近所にないと不便です。
そこで、日経BPコンサルティングとオリコンの調査結果を踏まえて、以下の3つの保険ショップ・チェーンをお勧めします。

それぞれのお勧めのポイントや特徴を以下にまとめました。申し込みと予約ができます。


全国の窓口にネットでかんたん予約
  • 取扱生保会社数 約25社
  • 全国528店舗。
  • 営業時間、定休日は店舗による。
  • 訪問相談サービスあり。
  • 女性スタッフ 指名可
  • オリコン顧客満足度ランキング 2位
上の日経BPコンサルティングのアンケート調査結果に加え、オリコン顧客満足度ランキングでも2位と高評価。

全国の窓口にネットでかんたん予約
  • 取扱生保会社数 約24社
  • 全国206店舗。
  • 営業時間、定休日は店舗による。
  • 訪問相談サービスあり。
  • 全店直営店(フランチャイズ店無)。
  • オリコン顧客満足度ランキング 4位
上の日経BPコンサルティングのアンケート調査結果では、 「ほけんの窓口」に次ぐ高評価でした。

全国の窓口にネットでかんたん予約
  • 取扱生保会社数 約15社
  • 全国82店舗。
  • 営業時間、定休日は店舗による。
  • スタッフは 女性中心
  • オリコン顧客満足度ランキング 1位
まだ店舗数が少ないせいか、日経BPコンサルティングのアンケート調査の対象には入っていませんでした。しかし、 オリコン顧客満足度ランキングでは堂々の1位

保険ショップを上手に利用するコツについては、『保険ショップを上手に利用するコツ』をご覧ください。







★☆ご注意☆★
商品内容や数値の取り扱いには慎重を期していますが、責任を負うことはできません。ご検討に際しては、必ず保険会社または正規の取扱者にご確認ください。

QLOOKアクセス解析
inserted by FC2 system