生命保険を賢く節約・見直すなら、専門家に相談しながらしっかり比較!

2017年は、生命保険料の値上げが相次ぎます。特に、終身保険、学資保険、個人年金保険、養老保険は要注意です。

2017年に入って、生保各社の保険料値上げ情報が相次いでいます。4月の段階で、保険料改定を実施したのは、以下の保険会社です。

  • アフラック
  • AIG富士生命
  • オリックス生命
  • かんぽ生命
  • 住友生命
  • 第一生命
  • 日本生命
  • 三井生命
  • 明治安田生命
  • メットライフ生命

国内大手生保は、全社が2017年4月に値上げしました。

カタカナ生保・損保系生保で、名前があるのは、今のところ4社です。
ただし、これ以外の会社も、順次値上げをする可能性があります。

きっかけは金融庁の標準利率引き下げ

一斉の保険料値上げには、原因があります。

根っこにある原因は、2016年からの、日本銀行によるマイナス金利政策です。生命保険会社の運用にとっては、悪条件になりました。

それに加えて、金融庁が決める標準利率が、2017年4月から引き下げられることになりました。
生命保険会社は、この利率をもとに、保険料を決めています。標準利率が下がると、保険料の値上げに流れやすくなります。

ということは、現在までに保険料の値上げを決めていない保険会社でも、年内に値上げに踏み切る可能性があります。

値上げの対象は、貯蓄性の保険中心

値上げの対象商品や、値上げ幅は、生命保険会社によって異なります。中には、販売戦略上、一部の商品をあえて値下げするところもあります。

とは言え、以下の4タイプの保険は、各社共通して、値上げの対象になっています。

  • 終身保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 養老保険

これらは、貯蓄性が高い保険です。

定期保険(収入保障保険を含む)のような掛け捨てタイプの保険は、一部の会社を除いて、値上げしないところが多いです。

また、医療保険、がん保険など、病気・ケガに備える保険は、ほとんどの会社が、値上げしていません。

検討を急ぎましょう!

生命保険は、もともと、人生の節目節目で考えるべきものです。保険料が上がるからといって、あせって加入するものではありません。

ただし、すでに検討中だとか、興味を感じつつも検討を先送りしてきた、という方々は、保険料の安いうちに結論を出したいです。

また、貯蓄の一手段として、生命保険に興味をお持ちの方にとっては、決断するタイミングと言えそうです。
まだ値上げを発表していない保険会社が、カタカナ生保・損保系生保を中心に、複数あります。

保険料の格差が広がっています。もっともシンプルな定期保険ですら、1.5~2.5倍もの価格差。

日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命などの伝統的生保と、カタカナ生保、損保系生保などの新しい生保との間で、保険料の格差が大きく広がっています。

もっともシンプルな生命保険である定期保険で、保険料を比較してみましょう。

日本生命 vs アクサダイレクト生命

死亡保障1000万円、45歳男性が15年満期で加入したときの月々の保険料です。

日本生命
6,130円
オリックス生命
4,232円

1.5倍の差があります。

明治安田生命 vs アクサダイレクト生命

死亡保障3000万円、30歳男性が10年満期で加入したときの月々の保険料です。

明治安田生命
8,010円
アクサダイレクト生命
3,220円

2.5倍の差があります。

住友生命 vs ライフネット生命

死亡保障5000万円、30歳男性が10年満期で加入したときの月々の保険料です。

住友生命
11,050円
ライフネット生命
5,150円

こちらも2倍以上の差があります。

商品内容は同じなのに、1.5~2.5倍もの価格差があります。
賢い生命保険選びの第一歩は、複数の保険商品を比較すること。

保険会社によって、取り扱う保険商品に違いがあります。専門家に高評価の収入保障保険でさえ、すべての保険会社が取り扱っているわけではありません。

大手だから品ぞろえが良い、という考えは生命保険では通用しない

今、家計の専門家が、もっともすすめる死亡保険は収入保障保険です。『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『プレジデント』『日経トレンディ』など各誌が、保険特集記事の中で、子育て世代にもっとも合理的な生命保険と評価しています。

そんな収入保障保険なのに、すべての保険会社が取り扱っているわけではありません。

収入保障保険がある アクサダイレクト生命、AIG富士生命、オリックス生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、チューリッヒ生命、東京海上日動あんしん生命、三井住友海上あいおい生命、マニュライフ生命、メットライフ生命、T&Dフィナンシャル生命など
収入保障保険がない 朝日生命、かんぽ生命、住友生命、第一生命、大同生命、太陽生命、日本生命、三井生命、明治安田生命、ライフネット生命など

収入保障保険を取り扱っていない保険会社には、国内の伝統的な生保がずらりと並んでいます。

これらの生保が収入保障保険に後ろ向きなことには、共通する理由があります。
伝統的大手生保は、すでに自社の保険に加入している顧客がたくさんいます。そのため、伝統的大手生保の営業戦略は、すでに加入している顧客の保険を、新商品に切り替えていく(=転換)ことに、重点が置かれています。
そして、(専門的になってしまうので細かい説明は省きますが)収入保障保険は、そんな彼らの営業戦略に合わない商品なのです。保険会社側の都合です。

いずれにしても、大手だから品ぞろえが良いはず、という考えは生命保険には通用しません

経済誌、情報誌の生命保険特集で、保険のプロがすすめるのは、カタカナ生保、損保系生保の商品ばかり。

たとえば、『別冊宝島 - よい保険・悪い保険2016』の、終身保険ランキングのトップ3は・・・

1位 ソニー生命
2位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
3位 アフラック

たとえば、『週刊ダイヤモンド』(2016/4/23号)の保険特集の、医療保険ランキングのトップ3は・・・

1位 オリックス生命
2位 メットライフ生命
3位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

たとえば、マガジンハウス『最新保険ランキング2016(下半期)』の、学資保険ランキングのトップ3は・・・

1位 AIG富士生命
2位 アフラック
3位 ソニー生命

いずれも、各誌が保険のプロへのアンケート結果を集計したランキングです。

カタカナ生保、損保系生保の商品を比較して選ぶのが、賢い保険の入り方と言えそうです。

今や、生命保険に加入する方々の半分以上が、カタカナ生保、損保系生保を選んでいます。

伝統的生保と、カタカナ生保、損保系生保の2015年度の売り上げを比較しましょう。ニッセイ基礎研究所『生保決算の概要』(2016年06月24日)をもとに作成しました。

伝統的生保の年間売り上げ(新契約高)は約42%。カタカナ生保、損保系生保等の新しい生保は、伝統的な生保を上回る支持を獲得しています。

やはり2015年度の各社決算から、個人保険の新契約高トップ15のランキングを作成しました。赤字がカタカナ生保、損保系生保です。

1位 日本生命
2位 かんぽ生命
3位 ソニー生命
4位 大同生命
5位 メットライフ生命
6位 東京海上日動あんしん生命
7位 三井住友海上あいおい生命
8位 マニュライフ生命
9位 第一生命
10位 明治安田生命
11位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
12位 住友生命
13位 太陽生命
14位 オリックス生命
15位 アクサ生命

トップ15のうち、半数以上をカタカナ生保・損保系生保が占めています。しかも、第一生命、明治安田生命、住友生命といった、伝統ある名門生保が、カタカナ生保・損保系生保の集団に飲み込まれています。
時代の移り変わりを強く感じさせられます。

ところで、カタカナ生保・損保系生保の商品内容を調べたり、見積もりを取り寄せるのは、時間と手間がかかりそうですね。
でも、心配ご無用です。
FP(ファイナンシャル・プランナー)や保険ショップなら、主な保険会社の資料や見積もりが、一気にお手もとにそろいます。

歴史の浅いカタカナ生保、損保系生保。しかし、保険会社の支払い能力をあらわすソルベンシーマージン比率は、優秀な会社が多いです。

保険会社の安全性を表す数字として、金融庁が採用しているのがソルベンシーマージン比率です。
この数字が大きいほど、資金の余力が大きい=保険会社しての安全性が高い、とされます。

下の表は、2016年3月末での主な生命保険会社のソルベンシーマージン比率です。
赤字がカタカナ生保、損保系生保です。

1位 メディケア生命 3,863.6%
2位 東京海上日動あんしん生命 3,378.1%
3位 アクサダイレクト生命 3,025.4%
4位 ライフネット生命 2,805.5%
5位 ソニー生命 2,722.8%
6位 オリックス生命 1,975.1%
7位 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 1,771.4%
8位 三井住友海上あいおい生命 1,598.4%
9位 チューリッヒ生命 1,596.9%
10位 かんぽ生命 1,568.1%
11位 大同生命 1,341.9%
12位 富国生命 1,321.8%
13位 AIG富士生命 1,009.2%
14位 マニュライフ生命 960.9%
15位 明治安田生命 938.5%
16位 日本生命 924.4%
17位 第一生命 900.8%
18位 太陽生命 890.6%
19位 メットライフ生命 870.0%
20位 三井生命 854.8%
21位 アフラック 848.2%
22位 住友生命 835.4%
23位 プルデンシャル生命 810.5%
24位 アクサ生命 761.2%
25位 朝日生命 691.5%

カタカナ生保、損保系生保の保険商品を一通り比較して選べるのは、FP保険ショップです。

ご覧のように、保険会社の数は増えていて、各社の競争が激しくなっています。医療保険、終身保険、収入保障保険・・・と調べたところ、どの保険のジャンルでも、上位はわずかな差でひしめき合っています。

保険料の差は小さく、性別・年齢等を変更して見積もると、安さの優劣は入れかわってしまいます。
また、各社とも特色を出していて、加入者が何を重視するかによって、保険の中身に対する評価は異なりそうです。

個人が見積もりを一通り集めて、比較するのは大変

一番いいのは、ここで名前をあげた保険商品の、ご自身の条件による見積もりを一通り集めて、比較していただくこと。
しかし、個人でそれだけのことをやるのは、大変そうです。

生命保険を販売しているところは、いくつもあります。
ちなみに、どこを利用して保険に加入しても、保険料や保障内容は同じです。

  • 生命保険会社の営業
  • 保険ショップ
  • 銀行など金融機関の窓口
  • 独立系FP
  • その他の乗り合い代理店

これらの中で、お勧めの商品を一通り比較して選べるのは、保険ショップFP保険相談の2つです。

ちなみに、保険ショップは、さまざまな保険会社の商品を扱う店舗です。
FP保険相談は、FPの有資格者による、訪問型コンサルティング・サービスです。

そのほかでは、お勧めの商品を一通り比較して選ぶことができません。


[保険会社の営業員]
自社の商品しか扱いません。複数の商品を比較して選ぶには非効率です。そして、もっぱら自社の商品を売り込むので、中立性はゼロです。

[金融機関の窓口]
複数社の保険商品を扱っています。ただし、グループ企業や親密な保険会社の保険商品に限られます。選択肢は不十分だし、かたよっています。

[一般の乗合代理店]
複数社の保険商品を扱っていますが、大半は、取り扱うことのできる保険会社は少ないです。問い合わせないと、どこの保険会社を取り扱っているのか分からないので、非効率です。

買い物をするときに、比較して選ぶのは当たり前のことです。にもかかわらず、高額の買い物である生命保険選びでは、ちゃんと比較して検討できるところは、限られています。

保険ショップ、FP以外を選んだ時点で、最適な保険にめぐり合える可能性はほとんど無くなってしまうのが現実です。

大手の口コミ調査によると、保険ショップとFP保険相談で、満足度が高いのは、FP保険相談です。

消費者動向の調査会社J.D.パワーによる『2016年生命保険契約満足度調査』の、生命保険への加入ルート別の満足度は、以下の通りです。

生命保険の加入方法別の総合満足度

J.D.パワーをご存じないかもしれません。米国に本拠を置く、市場調査の専門会社です。中立的な立場からの、規模の大きな調査で、信用できます。
ちなみに、上の調査結果は、12,947人の回答に基づいています。

トップの「訪問型乗合代理店」というのが、FP保険相談を指しています。2位の来店型保険ショップとの差は、けっこうあります。

知識と対応の良さでFP保険相談、豊富な品揃えなら保険ショップ

J.D.パワーは、上の結果について、アンケートの回答をもとに分析をおこなっています。FP保険相談と保険ショップが評価されたポイントを、下にまとめました。

FP保険相談 保険ショップ
  • 担当者の知識が豊富。
  • こちらのニーズに合った保険商品やプランを提案。
  • 問い合わせへの対応が迅速。
  • 加入後のアフターフォローが良かったor良さそう
  • 取り扱うことのできる商品数が豊富。
  • こちらの都合で、気軽に店舗に行ける。

FP保険相談のサービスの質の高さを、うかがい知ることができます。ただし、保険ショップの品ぞろえの良さも、捨てがたい強みです。

お勧めはFP保険相談だけど、適材適所で使い分けたい

上のような結果がはっきり出ている以上、どちらかを選ぶとしたら、FP保険相談をお勧めします。

とは言え、J.D.パワーによる分析を見ると、できることなら、それぞれの強みを生かすように、使い分けたいです。

FP保険相談は、担当者の知識や対応の良さに期待できる反面、取り扱うことのできる商品数には、個人差があります。
最終決断は、自分の目で見積書を見比べて決めたい、という立場から言うと、物足りない危険があります。

取り扱うことのできる商品数の多さでは、保険ショップの方が優勢です。

というわけで、FP保険相談と保険ショップの、それぞれの強みを生かすなら、次のように検討を進めたいです。

FP保険相談を利用して、保険加入の方針を決める。
FP保険相談で取り扱える商品が少ないときは、保険ショップにも見積もりを依頼する。
見積もり結果と、FP保険相談と保険ショップの担当者の信頼感などから、最終決定。

お互いを競わせることに、気後れを感じるするかもしれません。でも、そんな気づかいは無用です。
FP保険相談と保険ショップの両方にチャンスを与えることになるので、歓迎されるはずです。

FP保険相談なら、保険マンモス保険のビュッフェのFP紹介サービスをおすすめします。

FPとは、FP技能士AFP・CFPといった資格の保有者です。
資格を取得するには、金融、証券、保険、年金、ローン、不動産、税金等の幅広い知識を身につけなければなりません。

生命保険加入は大きな買い物ですから、こうした専門家にじっくり相談して、納得して決めたいものです。

無料でFPに保険相談できる、FP紹介サービスが増加しています。そんな中から、以下の2つのサービスをお勧めします。

保険マンモスは、業界の老舗として、質の高いサービスを提供

FP紹介サービスは、提携しているプロのFPを紹介してくれます。その場合、FPの個人差が心配です。

保険マンモスは、この業界の老舗で、提携するFPの品質を厳しくチェックしていることで、知られています。
やや古い情報ですが、日経BPコンサルティング社が実施した口コミ調査では、トップの評価を獲得しています。

相談するだけでもれなく当たるおトクなキャンペーンも、魅力です。
キャンペーンの詳細は、以下をクリックしてください。


FPとの保険相談の進め方については、FPとの保険相談の進め方をご覧ください。

保険のビュッフェは、急成長の注目株

FP紹介サービスの中で、業績をグングンと伸ばしているのが、保険のビュッフェです。

後発ながら、相談件数の累計件数では、すでに上の保険マンモスを上回っています。実績こそが、最大の口コミではないでしょうか?

この業界では珍しく、テレビCMを流す(関東エリア)、ヤマダ電機と提携して相談窓口を設置するなど、積極的に展開しています。


FPとの保険相談の進め方については、FPとの保険相談の進め方をご覧ください。

セカンド・オピニオンなら、お近くの全国チェーンの保険ショップをお勧めします。

保険ショップに期待するのは、保険相談の品質というより、取り扱っている商品の豊富さです(品質の高いショップはたくさんあるはずですが・・・)。

保険ショップごとに、取り扱える商品数に差はありますが、全国チェーンの保険ショップなら、主要な保険会社の商品を一通り取り扱っています。

気軽に相談できるのが、保険ショップの良さです。ご近所にある、全国チェーンの保険ショップを探すなら、以下をクリック(タップ)してください。

待たずに、落ち着いて相談するために、予約されることをお勧めします。

保険ショップを上手に利用するコツについては、保険ショップを上手に利用するコツをご覧ください。


更新情報






★☆ご注意☆★
商品内容や数値の取り扱いには慎重を期していますが、責任を負うことはできません。ご検討に際しては、必ず保険会社または正規の取扱者にご確認ください。

inserted by FC2 system