年代別生命保険の入り方

既婚・未婚に分けて、年代ごとに、それぞれの保険の入り方、使い方をご案内します。

20代の生命保険の入り方

独身または、結婚していても子供のいない20代の方は、死亡保険より先に、医療保険の準備を考えたいです。

結婚している 子どもがいる 共働き
夫の収入で生活
子どもはいない
独身

30代の生命保険の入り方

30代は、生活の状況がいろいろとわかれます。そのことが、生命保険の入り方に大きく影響します。

ご自分が当てはまる[詳細はこちら]ボタンをクリックしてください。

結婚している 子どもがいる 共働き
夫の収入で生活
子どもはいない
独身

40代の生命保険の入り方

平均的な世帯の生命保険料は、

  1. 40代で急激に増大。
  2. 50代でピークに達する。
  3. 60代以降は下がるけれど、40代前半並みをキープ

のように変化します。

40代こそ、生命保険ともっとも真剣に、慎重に取り組まなければならない年代、と言えるかもしれません。

夫婦世帯の詳細は40代夫婦の生命保険をご覧ください。
独身世帯の詳細は40代独身の生命保険をご覧ください

50代の生命保険の入り方

子どものいるご家庭では、子どもが経済的に自立するか、そろそろ自立が視野に入ってくる時期です。

家庭生活のターニングポイントです。生命保険を見直すタイミングでもあります。

夫婦世帯の詳細は50代夫婦の生命保険をご覧ください。
独身世帯の詳細は50代独身の生命保険をご覧ください

計画性なく生命保険とかかわっていると、老後になっても、多額の保険料を負担するハメになります。

高齢になっても仕事を続けているなら、生命保険料を払い続けることは、ありえます。
しかし、仕事の第一線から退いて、年金や預貯金を主たる収入として生活している人が、生命保険料を月に1万円以上払い続けているとしたら、生命保険との付き合い方に失敗しているかもしれません。

だとすると、失敗している人は意外と多いようです。

70歳以降の年間保険料の平均は約30万円

下図は、生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」をもとに、世帯あたりの毎月の生命保険料を、年代ごとに整理したグラフです。

世帯あたりの毎月の生命保険料を、年代ごとに整理したグラフ

年間保険料のピークは50代前半です。次いで多いのが、50代後半。
60歳以降は減少に転じていますが、70歳以上でも30代前半より高くなっています。

老後になっても、想定外の出費は起こります。
しかし、生命保険料は、本来は想定できる、そして想定しなければならない出費です。

老後になった時点で、生命保険料の払込が一通り終了するように、計画的に生命保険にかかわりましょう。

老後になっても、保険料の支払いが残る原因

老後の保険料負担が大きくなりがちな事例として、以下が考えられます。

ケース1 加入するタイミングが遅い

ある程度年齢が高くなってから、生命保険に加入すると、1回あたりの保険料は高くなります。

そこで、保険料を安くするために、「60歳まで払込」とか「65歳まで払込」ではなく、「終身払込」を選択することなります。
こうすると、1回あたりの保険料は安くなりますが、保険料の払込は一生続きます。

もっと若いときに加入すれば、「60歳まで払込」とか「65歳まで払込」を選択できたはずです。そうできたら、老後の保険料払込は無くなって、保障されるだけの立場です。

ケース2 長く続けたい保障なのに、更新型に加入する

生命保険に中には、更新型というタイプがあります。加入してから、一定の年数ごとに(1年ごと、10年ごと・・・)更新を迎えます。

更新の都度、そのときどきの年齢に合わせて保険料が再計算されます(高くなります)。

伝統ある大手生保を中心に、やたらと更新型を売りつけようという風潮があます。これに注意してください。

何年続けるかの見通し無く加入するなら、更新型は向いています。
しかし、「定年退職まで続けたい」「子どもが自立するまで続けたい」というような意向があるのに、更新型に加入して、更新を繰り返すのは損になります。

ケース3 総合保障型の保険に加入して、保障を見直す

生命保険には、「定期保険」「終身保険」「医療保険」などの、それぞれ専門的な機能を持つ保険とは別に、総合保障型の商品があります。

一つの商品の中に、たくさんの保障(それぞれが独立の保険であったり、特約であったり・・・)が用意されていて、それらを組み合わせて、自分たちに合ったプランをオーダーメイドできます。

このタイプの商品を見直しすると、新しくしたい機能だけでなく、そのまま残したい機能まで新しくなって、保険料がそのときに年齢で再計算されます(高くなります)。

総合保障型の商品は、できる限り避けましょう。

老後まで保険料負担を残さないための注意点

死亡保険にせよ、医療系の保険にせよ、貯蓄性の保険にせよ、加入するにあたって、次の点に心がけてください。

  • 早めに(遅くとも40歳まで)生命保険に加入して、保険料の支払を、有期払い(60歳まで、65歳まで等)にする。
  • 長く続けるつまりなら、更新型や総合保障型に加入しない。
  • 終身保障の保険は、原則として、保険の見直しをしない。

考えなく、勧められるまま保険に加入していると、上でご覧いただいたグラフのように、老後になっても保険料を払い続けることになります。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system