各社のがん保険を比較

がん保険に求められる機能をおさらい

まず、がん保険に求めたい機能を確認します。

  • 保障の内容が、現代のがん治療にあっている。
  • 将来、がんの治療法に変化があっても、保険で十分に対応できる。
  • 入院は当然として、通院の治療でも給付金が出る。
  • 手術は当然として、それ以外の治療法でも、幅広く保障する。

使い物になるがん保険の条件は、入院・通院や、治療法などによる制限されることなく、給付金が出ること。

上の4つの項目をクリアできるのは、どんながん保険でしょうか?

つきつめて考えていくと、入院・通院や、治療法などによる制限されることなく、給付金が出る保険、ということになりそうです。
入院のときしか給付金が出ないとか、手術と放射線治療のときしか給付金が出ないとか、制限が多いがん保険ほど、欲しいときに役に立ってくれない危険があります。

診断給付金は役に立つ

がん保険に備わっているいろいろな保障のうち、入院・通院や治療法などの制限を受けないのが、診断給付金です。がんの診断が確定したら、給付金が出ます。その後の治療の進め方にはこだわりません。

診断確定で給付金が出るということは、お金が早い段階で手元にとどくことになります。この点も、診断給付金の魅力です。
入院給付金なら退院後に(入院中に給付金を受け取れることもあります)、手術給付金なら手術後に、給付金の支払いを請求することになります。

診断給付金にも弱点はあります。
1つは、給付金の金額はあらかじめ決まっています。給付金の金額が低いと、後になって足りなくなるかもしれません。
2つ目は、保険料が高めであること。

診断給付金だけで、安心できる金額を確保できそうに無いときは、他の保障と組み合わせることも検討しましょう。

三大治療をすべてカバーする

保険は、そもそも通院の保障には積極的ではありません。なぜかというと、治療に必要な通院ばかりとは限らないから。念のためとか、気休めの通院もあります。当然ですが、保険会社はそういう通院に給付金を出したくありません。しかし、必要な通院と、どうでもいい通院との区別をつけにくいです。あるいは、そういうことをいちいち調べるのは時間と労力がかかります。その結果、通院の保障に消極的になっています。

ただし、"放射線治療のための通院"というように、目的がはっきりしていれば、話は別です。そこで、有力な治療法にそった給付金が増えています。
現在、がんの三大治療とされているのが、手術、抗がん剤治療、放射線治療の3つです。このうち、後の2つは通院で行われることが多いようです。がん保険に加入するからには、最低でもこの3つの治療法をカバーしておきたいです。

治療法にもとづく給付金には、大きな不安材料があります。保険で定められた治療法しか保障されない点です。

がん保険は、原則として終身保障で。先進医療は、念のために付けておく。

がん保険は、原則として終身保障で

老後になると、健康保険などの公的医療保険の自己負担割合が低くなります(1割負担)。ただし、がんにかかる危険性は飛躍的に高まります。

グラフは、国立がん研究センターがん情報サービスによる、2011年の年齢層別患者数です。
50歳台から60歳台にかけて、大幅に増えています。

もちろん、がん治療に対処できるだけの貯蓄等の備えができれば、がん保険は不要になります。その時点で解約しましょう。
しかし、がん保険に加入するときは、一生続けることを想定しておいた方が安全です。

続けやすさと止めやすさの両立という意味で、終身保障&終身払込での加入をおすすめします。

5年とか10年ごとに更新するタイプのがん保険もあります。このタイプは、更新するたびに、そのときの年齢にあわせて保険料が高くなります。2~3回更新すると、保険料は倍以上になってしまいます。しかも、ある年齢に達すると、それ以上更新できなくなります。老後まで続ける可能性があるなら、避けましょう。

先進医療の保障は、原則として付ける

がんの先進医療として、陽子線治療と重粒子線治療が実績を伸ばしていますが、平成25年度の年間実施件数は合わせて3,456件です。日本のがん患者数から考えると、これらの治療法を採用する可能性は、0.1%以下です。だから、必要性は高くありません。

ただ、先進医療は、健康保険など公的医療保険の適用外になります。実費負担になります(250~300万円)。一般家庭にとっては、保険で準備していなければ、とうてい選択できない治療法です。
命がかかったギリギリの場面で、選択肢は一つでも多く持っておきたいです。

幸い、先進医療の保険料は安です(多くの保険で100円未満)。1回使えば、金銭的には元を取れます(保険料累計より、受け取った金額の方が大きくなる)。
外す理由が特になければ、付けておきましょう。

主ながん保険の特徴を、じっくりチェックしました。

それでは、ここまでに書いてきた基準で、主ながん保険をチェックしていきます。わかりやすくするために、以下の3つのポイントでチェックします。

  • 一時金の充実度
  • 入院・通院治療のバランス
  • 保険料の手軽さ

評価を の数で表します。3個が満点です。

アフラック『生きるためのがん保険Days1

一時金の充実度  ★★

初めてがんの診断が下されたときに100万円。ただし、上皮内がんのときは10万円。上皮内がんについては、もっと大きな金額が出るがん保険はあります。ただ、10万円で、たいていは足りると思われます。

また、その後、手術、放射線治療、抗がん剤治療を受けると、それぞれ給付金が一時金として出ます(5~20万円)。入院しなくても出ます。

入院・通院治療のバランス  ★★

入院、通院とも、1日につき10,000円または5,000円の給付金が付きます。
通院は、日数制限はありませんが、三大治療か入院後の通院に制限されています。制限があるのは残念ですが、他社と比較して見劣りする内容ではありません。

入院給付金を外すことはできません。すでに医療保険に加入していれば、入院給付金不要ということもあると思います。

おすすめプランの保険料例

保険料例です。入院、通院とも1日につき10,000円です。先進医療特約を付けての金額です。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
2,949円
4,389円
7,069円

FWD富士生命『がんベスト・ゴールドα

一時金の充実度  ★★★

初めてがんの診断が下されたときに100万円~300万円の一時金。
それから2年経過して、再びがん治療の入院・通院を始めると、同額が出ます。診断給付金は、他社より充実しています。

上皮内がんの診断給付金は、特約になっています。

入院・通院治療のバランス  ★★

入院給付金は特約になっています。医療保険などと組み合わせやすいです。

一方、通院給付金は基本保障でも、特約でも用意されていません。『がんベスト・ゴールドα』は、診断給付金重視のがん保険です。診断給付金の金額を大きくして、それで通院の費用をカバーしてしまおうという考え方です。
わかりやすい考え方ですが、抗がん剤治療が数年にわたったりすると、心細くなる可能性はあります。できるだけ、診断給付金を厚くしておきたいです。

おすすめプランの保険料例

保険料例です。初めてがんの診断が確定したときに200万円、その後入院・通院を再開したときに100万円が出るプランです。一時金を厚くするかわりに、入院給付金を外しました。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
2,974円
4,303円
6,480円

なお、『がんベスト・ゴールドα』は、がんの診断が確定すると、それ以降、保障はそのままで、保険料の払い込みは不要になります。

オリックス生命『Believe(ビリーブ)

一時金の充実度  ★★

初めてがんの診断が下されたときに100万円。
その後は、入院を開始したときに50万円、手術を受けたときに20万円、退院したときに10万円が出ます。

一見充実しているようですが、診断給付金100万円以外は、入院したときしか受け取れません。他社よりやや薄いです。

入院・通院治療のバランス  ★★

入院給付金が1日あたり10,000円です。特約で、通院給付金1日あたり10,000円を付けることができます。
『Believe』の主契約は、入院治療にかたよっているので、通院の特約を付けておきたいです。

おすすめプランの保険料例

保険料例です。入院給付金1日あたり10,000円。通院給付金10,000円と先進医療特約を付けています。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
2,990円
4,310円
6,430円

メットライフ生命『ガードエックス

一時金の充実度 

『ガードエックス』もまとまった一時金が出ます。ただし、診断ではなく、治療の実施が給付金支払いの条件になっています。三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)がその対象になっています(100万円か150万円)。出る金額は減りますが、ホルモン剤治療でも一時金は出ます(30万円)。入院、通院にかかわりなく給付金は出ます。

現在~近い将来なら、この保障で十分でしょう。
しかし、いずれ三大治療以外の有力な治療法が登場するかもしれません。たとえば、現在は先進医療である陽子線治療が、健康保険など公的医療保険の適用になるかもしれません。そうなったときに、陽子線治療を受けても、『ガードエックス』からは一時金が出ません。
20年、30年と続けるには不安を感じます。

入院・通院治療のバランス 

入院給付金は特約です。60日までは1日あたり10,000円、61日目以降は20,000円という、充実の保障です。
ただ、厚生労働省『患者調査』などで入院日数の統計を見ると、三大疾病・七大生活習慣病のほとんどは60日間におさまりそうです。

通院給付金は、主契約の中にも、特約にもありません。通院でも上の一時金が出るので、それで通院治療費をまかなうという考え方でしょう。
この考え方は理解できますが、上のとおり一時金の仕組みに不安があります。

おすすめプランの保険料例

保険料例です。入院給付金は1日あたり10,000円、三大治療の一時金を100万円に。先進医療特約を付けています。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
2,774円
4,128円
6,223円

楽天生命『ガン診断プラス

一時金の充実度  ★★

初めてがんの診断が下されたときに100万円~300万円の一時金。
それから1年経過して、再びがん治療の入院を始めると、同額が出ます。上皮内がんのときは、10分の1の一時金がでます。金額としては、充実しています。

ただ、2回目以降の給付金支払いの条件が入院だけになっていることが気になります。がんが再発・転移して、放射線治療や抗がん剤治療をというのは、ありがちです。しかし、このケースでは一時金は出ません。

入院・通院治療のバランス 

入院支援給付金が基本保障に組み込まれています。がんに限らず、病気ケガで入院すると、一律で5万円をもらえます。中途半端な保障ですが、外せません。

通院の保障は、基本保障の中にも、特約にもありません。通院治療に使えるお金は、初めてがんと診断されたときに出る一時金になります。再発・転移のときの治療費が気になります。初回の診断給付金を厚くしておいた方が良いかもしれません。

おすすめプランの保険料例

保険料例です。ガン診断給付金額を200万円に。先進医療特約を付けています。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
3,702円
5,527円
8,607円

ガン診断給付金額を200万円にしたので、金額は大きくなっています。100万円に下げると安くなりますが、保障としても他社より薄くなります。





保険料例をお示ししましたが、ご覧のとおり、各社の保険料の差は大きくありません。年齢、性別、設定や特約によって、安さの優劣は入れかわります。ぜひ、ご自分の条件による見積もりを集めて比較してください。

また、医療保険の組み合わせ方などは、保険のプロに相談されることをおすすめします。

数ある保険商品の中から、ご自分に合った保険を賢く選択する方法は、こちらをご覧ください。

生命保険会社は40社以上あります。その中から、ぜひ見積もりをとっていただきたい会社を、保険の種類(医療保険、終身保険・・・とか)別に厳選しても、4~5社は残りそうです。

ご自分に合った保険を選んでいただくためには、ここでご案内しているような保険商品の見積もりを、一通り集めて比較して判断いただくしかなさそうです。

生命保険を比較して選ぶ、手軽で安心な方法は、
賢い生命保険の入り方
をご覧ください。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system