がん専用の一時金か三大疾病一時金か

各社の医療保険について、がんの診断が確定したら一時金が出る特約を、整理しました。

販売されている医療保険の、診断一時金特約への対応状況をまとめました。

がんだけの診断一時金特約を用意しているもの、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の一時金特約を用意しているもの、その両方を用意しているものの、3タイプに分かれます。

医療保険 診断一時金特約
アフラック
『ちゃんと応える医療保険EVER』
三大疾病一時金特約
FWD富士生命
『さいふにやさしい医療保険』
特約のかわりに、同社のがん保険へ
オリックス生命
『新CURE(キュア)』
  • がん一時金特約
  • 重度三大疾病一時金
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
『新・健康のお守り』
  • がん診断給付特約
チューリッヒ生命
『終身医療保険プレミアムDX』
三大疾病診断給付金
東京海上日動あんしん生命
『メディカルKitシリーズ』
  • 特定治療支援特約
  • がん診断特約
  • 悪性新生物初回診断特約
三井住友海上あいおい生命
『&LIFE 新医療保険Aプレミア』
  • ガン診断給付特約
メディケア生命
『メディフィットA』
  • がん診断特約
  • 3大疾病保障特約
メットライフ生命
『フレキシィS』
三大疾病一時金

がんは三大疾病の一つです。がんと診断されたら、三大疾病の一時金特約でも、一時金をもらえます。
原則としては、がん専用の一時金特約でも、三大疾病の一時金特約でも、がんの診断一時金はもらえます。

注意が必要なのは、がん専用の診断一時金特約と、三大疾病の一時金特約の両方を用意している医療保険です。この場合、両方の特約の関係は、保険会社によって異なります。

  • がんの一時金特約に、心疾患と脳血管疾患の保障が追加されて、三大疾病の一時金特約になっている(オリックス生命)。
  • 三大疾病の一時金特約より、がんの一時金特約の方が、がんについては手厚くなっている(メディケア生命)。
  • 古い特約と新しい特約が混在している(東京海上日動あんしん生命)。

がん専用の一時金特約を選ぶか?三大疾病用の一時金特約を選ぶのか?

がん専用の診断一時金特約を選ぶべきか、三大疾病の一時金特約を選ぶべきか、迷ってしまいそうです。ちょっと寄り道になってしまいますが、三大疾病のうちがん以外の病気、心疾患と脳血管疾患について、簡単に見てみましょう。

心疾患は、がんと同じく通院治療が多い

表の数値は、厚生労働省『患者調査』(平成26年度)または『医療給付実態調査』(平成26年度)からの引用です。

死因に占める割合 15.5%
日本人の死因の中で、がんに続いて2位です。
国内の患者数 1,729,000人
三大疾病の中ではもっとも多い人数です。
通院患者の割合 69.1%
三大疾病の中ではもっとも多い割合です。
平均入院日数 20.3日
がんとほぼ同じ日数で、あらゆる病気・ケガの平均より短い日数です。

患者数は三大疾病の中で最も多く、かつ通院患者の割合も三大疾病の中で最大です。がん以上に、通院で治療に取り組む可能性が高い病気です。
その通院費用は、がんと同じく、医療保険の標準的な保障では、カバーできません。

一方、平均入院日数はがんと同じく短いです。よって、高額療養費制度を活用すれば、医療保険の標準的な保障で、カバーできそうです。

脳血管疾患は、入院が長期化しやすい

表の数値は、厚生労働省『患者調査』(平成26年度)または『医療給付実態調査』(平成26年度)からの引用です。

死因に占める割合 9%
日本人の死因の中で、がんに続いて4位です。
国内の患者数 1,179,000人
三大疾病の中ではもっとも少ないものの、病気全体の中で8位です。
入院患者の割合 62.9%
三大疾病の中では、入院するがもっとも高いです。
平均入院日数 89.5日
あらゆる病気・ケガの平均の倍以上の日数です。

三大疾病の中で最も入院する危険が高く、かつ入院期間が長期化しやすい病気です。いったん発病すると、重症化しやすいのが特徴です。
平均して入院期間が3ヶ月に及び、医療保険の標準的な保障では、カバーしきれません(標準の保障は60日間)。

三大疾病の中で、通院患者の割合は低いものの、後遺症の危険が高く、退院後も何らかの形(通院、転院、リハビリ施設・・・)で治療は続きます。

三大疾病の一時金特約は、がんと心疾患・脳血管疾患とでは、一時金が出るための条件が異なっています。

三大疾病の一時金特約を検討するうえで、頭に置いておかなければならないのは、がんと、心疾患や脳血管疾患とでは、一時金が出るための条件に差がある、ということです。

心疾患と脳血管疾患では、入院が一時金給付の条件になる

たとえば、オリックス生命『新CURE(キュア)』の重度三疾病一時金特約では、がん、心疾患、脳血管疾患の給付の条件は、以下のようになっています。

心疾患 急性心筋梗塞の治療を目的として入院を開始されたとき。
脳血管疾患 脳卒中の治療を目的として入院を開始されたとき

また、アフラックの『ちゃんと応える医療保険EVER』の三大疾病一時金特約だと、以下のようになっています。

心疾患 治療を目的として20日以上入院、または所定の手術を受けたとき。
脳血管疾患

ご覧の通り、いずれも入院することが前提条件に入っています。ここでは2社を例にあげましたが、他の保険会社も同じような状況です。

つまり、三大疾病の一時金特約の中身は、以下のようになっています。

三大疾病の一時金特約 = がんの診断一時金
    +
心疾患の入院一時金
    +
脳血管疾患の入院一時金

がん診断一時金の特約、三大疾病の一時金特約、どちらを選んでも問題ありません。ただし、三大疾病の一時金特約を選ぶときは、慎重に判断してください。

がんの診断一時金は、ぜひとも欲しい保障です。
医療保険の標準の保障(標準で組み込まれている保障)では、あきらかに、がんの通院治療に対応できません。それを補うために、がんの診断一時金の特約は有用です。

一方、心疾患と脳血管疾患の入院一時金は、もちろんあれば役に立ちますが、どなたにでもお勧めできるほどではありません。

三大疾病の一時金特約を選ぶときは慎重に

心疾患は、がんと同じく、通院で治療する患者が多い病気です。しかし、三大疾病の一時金特約では、入院後の通院しか保障されません。

それだって、無いよりはあった方がいいです。ただ、心疾患への備えとして、不十分であることを理解した上で選びましょう。

入院が長引きやすい脳血管疾患の治療では、入院一時金のメリットは大きいです。

ただし、三大疾病の長期入院に対応する特約(標準だと60日間までの保障のところを、日数無制限で保障)を、ほとんどの医療保険が用意しています。

どちらを選ぶのか、あるいは両方の特約を付けるのか、納得したうえで、判断しましょう。

心疾患と脳血管疾患の特約保険料は安い

保険料の面から、がん診断一時金特約か、三大疾病一時金特約かを、検討しましょう。

35歳の男女が、がん一時金特約50万円と、重度三疾病一時金特約50万円を付けたときの、特約分の保険料を調べました。
オリックス生命『新CURE(キュア)』です。

特約 月々の保険料
(男性)
月々の保険料
(女性)
がん一時金特約 920 845
重度三疾病一時金特約 1,180 1,010

オリックス生命『新CURE(キュア)』では、がん一時金特約でも、重度三疾病一時金特約でも、がんのときの保障内容は同じです。
よって、がん一時金特約と重度三疾病一時金特約の、保険料の差額が、心疾患と脳血管疾患の保険料になります。

男女とも、保険料の差は月々200円前後です。心疾患と脳血管疾患の保険料を足しても、がんの保険料3分の1以下です。
保険料に占める割合は、三疾病の中で、がんが飛びぬけて高いことがわかります。

三大疾病の一時金特約も、がんの診断一時金を中心とした保障、と見なして良さそうです。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system