アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』の保障内容

アフラックは、医療保険、がん保険の分野では、国内トップのブランドです。

アフラックの正式名称はアメリカンファミリー生命保険会社で、名前の通り米国の企業です。

1970年代から日本で営業しており、医療保険やがん保険では、国内生保会社より、先行して取り組んできました。
現在でも、これらの分野では、 新契約高で国内トップを走っています。

形がなく、試すこともできない、という保険の性質上、最も売れている商品=最も優れた商品、とは限りません。
内容や保険料は平凡でも、ブランドイメージ、知名度、販売拠点数、広告の量などに、売上高は大きく左右されます。

それでも、何年も続けてトップの売り上げを維持しているということは、たくさんの人たちを納得させられる魅力を持っているということです。

医療保険選びにあたっては、とりあえず検討の対象に加えておきたい商品の一つでしょう。

主契約は、他社より厚みのある内容。短期入院に手厚く、手術給付金の金額も高め。放射線治療でも、一時金が出ます。

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』は、一番売れている医療保険だけに、正統派の仕組みです。目につくような特徴はありません。

他社と比べると、主契約はやや手厚くなっているようです。具体的には・・・

短期入院に手厚い

入院給付金は、原則として、日額(5,000円か10,000円)に、入院日数をかけた金額になります。

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』では、 5日未満の入院のときは、一律5日分の入院給付金が出ます。

入院するときは、入院日数に関係なくかかる費用があります(衣類、日用品など)。日数分の入院給付金では、足りなくなることも。それを配慮しての、保障強化でしょう。

手術給付金は3段階で、放射線治療もカバー

たいていの医療保険には、手術給付金が標準で付いています。ただし、手術給付金の金額設定は、医療保険によって差があります。

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』では、以下のようになっています。

重大な手術 入院給付金日額の40倍
入院中の一般的な手術 入院給付金日額の10倍
外来での手術 入院給付金日額の5倍
放射線治療 入院給付金日額の10倍

入院中手術、外来手術の倍率は、平均的です。重大手術の40倍がある分、他社比で、やや手厚い印象です。

特に入院給付金日額を5,000円にした場合、入院給付金だけでは不足することがあります。そういうとき、手術給付金は意外と重宝します。

また、手術給付金や放射線治療給付金は、入院給付金より早く請求できます。長い入院であれば、入院中に受け取ることができます(入院給付金は、原則としても退院後の受け取り)。

保障設計の自由度は高い

主契約の保障内容について、以下のことを加入者が選べるようになっています。

一つ一つは他社でも見かけます。しかし、3つともこちらが指定できる医療保険となると、限られます。

  • 入院給付金日額を、5,000円か、10,000円か、選ぶことができる。
  • 入院1回あたりの保障日数を、60日か、120日か、選ぶことができる。
  • 保険料の払い込み方法を、終身払い、終身払い60歳以降半額、60歳で払込終了、の3つから選べる。

保険料の払い込み方法の中で、終身払いで60歳以降が半額になる、というのは、他社では見かけないユニークな選択肢です。

特約は、必要なものは一通りそろっています。保障内容が重複する特約がなくて、わかりやすい品ぞろえです。

特約は、通院給付金を特約に含めると、8個用意されています。一通りのものはそろっています。

特約の数は多めですが、それぞれの役割はハッキリしているので、わかりやすい品ぞろえだと思います。

  • 入院前後の通院給付金
  • 三大疾病保険料払込免除特約
  • 三大疾病一時金特約
  • 三大疾病無制限型長期入院特約
  • 総合先進医療特約
  • ケガの特約
  • 終身特約
  • 生存祝金特約

これらの中から、特に注目の特約をご案内します。

三大疾病無制限型長期入院特約

この特約は、アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』の特徴の一つになっています。その働きを、簡単にまとめると、

  • 三大疾病による入院を日数無制限で保障。
  • 三大疾病以外の、あらゆる病気・ケガによる入院を365日まで保障。

他社のいくつかの長期入院の特約と比べましょう。長期入院の恐れがある3タイプの病気での、保障される日数をまとめています。

三大疾病 七大生活習慣病 精神や神経の病気
アフラック 日数無制限 365日まで 365日まで
オリックス生命 日数無制限 120日まで 60日まで
チューリッヒ生命 日数無制限 日数無制限 365日まで
メットライフ生命 日数無制限 日数無制限 60日まで

この中で、オリックス生命が薄く見えますが、これが一般的な保障の厚さです。他の3社は、平均レベルより厚くなっています。

もっとも厚いのは、チューリッヒ生命です。アフラックがそれに続きます。

ちなみに、七大生活習慣病の保障日数では、メットライフ生命の方がアフラックより長いです。しかし、アフラックの365日の保障でも十分に長いです。
むしろ、メットライフ生命では、精神や神経の病気による長期入院に対応できないことの方が、重要です。

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』とともに、 アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』は、精神や神経の病気入院に対応できる、数少ない医療保険の一つとなっています、

ケガの特約

骨折・関節脱臼・腱の断裂の治療を受けたときに、一時金が出るほか、 ケガで通院したときに、1日あたり3,000円の通院給付金が出ます。

医療保険は入院保障がメインなので、通院治療ではほとんど役に立ちません。この特約を付けておくと、病気の通院は無理でも、ケガによる通院では給付金をもらうことができます。

仕事や趣味などで、ケガが心配な人たちには、なかなか魅力的な特約です。

この特約を付けて、そのかわりに、自動車保険の傷害保険(人身傷害保険、搭乗者傷害保険など)を外すことができます。アフラックのケガの特約は、もちろん自動車事故以外のケガにも使えます。

『ちゃんと応える医療保険EVER』は、多様な選択肢を提供してくれます。保険のプロを活用して、ご自分のニーズに最適な選択をしましょう。

ご覧いただいたように、アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』は、手厚い主契約に加えて、豊富な特約が選択肢として用意されています。
あれもこれも付けたくなりますが、保険料とのバランスを考えなければなりません。

また、カタカナ生保・損保系生保は、保険料が接近しているため、他社と見積もりを比較して医療保険を選びたいです。

主だった保険商品の見積もりを集めるだけで時間と労力がかかります。
そのうえ、アフラック以外の医療保険も、それぞれ複雑な仕組みになっています。条件を合わせて比較しようとしても、専門用語を誤解したり、細かな違いを見落としたりと、失敗する危険があります。

保険の専門家を上手に活用することをオススメします。そのための手軽で安心な方法は、
賢い生命保険の入り方
をご覧ください。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system