損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』のお勧めプランと競合商品

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』らしさが光る、おすすめの保障プランは、こちらです。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』は、シンプルな保障プランにすれば保険料を安くできる一方、豊富な特約を組み合わせての充実保障も実現可能な、キャパシティの大きな医療保険です。

とは言え、保険料の安さだけで比べたら、上には上があります(たくさんあるわけではないですが・・・)。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』の強みや特長を活かすなら、充実した保障を、できるだけ安い保険料でそろえる、という方向でしょう。

入院保障を充実させる

この医療保険には、七大生活習慣病追加給付特則という特約(特則)があります。これを付けると、七大疾病による入院の保障日数が60日延長されます。

他に、三大疾病支払日数無制限特則というのもあります。名称のとおり、三大疾病の入院が日数無制限で保障されます。七大生活習慣病追加給付特則と一緒に付加することもできます。

どちらかを選ぶとしたら、七大生活習慣病追加給付特則を、お勧めします。

主契約
  • 入院給付金日額 5,000円
  • 1入院保障日数 60日
特約 七大生活習慣病追加給付特則

もちろん、三大疾病は七大生活習慣病に含まれますから、三大疾病による入院でも、60日間保障が延長になります。表のプランだと120日間までの保障になります。

三大疾病の入院保障は、このくらいの期間で十分です。これ以上期間を延ばすくらいなら、他の七大生活習慣病の対策をしたいです。

入院を充実させたうえで、三大疾病の通院などにも備える

上のプランで入院費用の対策はかなり強力になります。

ただし、医療技術の進歩にともなって、近年では三大疾病(がん、脳卒中、心疾患)などの重い病気の治療に、通院で取り組む患者が増えています。

残念ながら、三大疾病では、退院できても、完治しているとは限りません。大半の患者(9割前後)は、退院後も、通院や投薬を続けています。

通院の場合、短期間にまとまった出費が生じる可能性は低くなります。しかし、三大疾病による通院となると、通院期間は年単位になります。症状によっては生涯続くかもしれません。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命に限らず、医療保険は、入院費用の保障をメインとしています。通院特約が用意されていても、頼りにできません。
たとえば、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命には、がんの通院保障をサポートしてくれる特約があります。しかし、他の病気のための通院保障は手薄です。他社の通院特約も、似たり寄ったりです。

三大疾病のための通院費用を、医療保険で用意する方法として、医療用三大疾病入院一時金特約をおすすめします。
三大疾病になって、入院すると、50万円の一時金をもらうことができます。

主契約
  • 入院給付金日額 5,000円
  • 1入院保障日数 60日
特約
  • 七大生活習慣病追加給付特則
  • 三大疾病入院一時金特約

一時金の使い方は自由なので、通院の費用にあてることができます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』を検討するときに、比較したい競合の医療保険を、ご案内します。

医療保険を選ぶときに、重視するポイント別に、比較したい競合の医療保険を上げていきます。

なお、伝統的な国内生保の医療保険は、あまりにも保険料が高いので(1.5~2倍)、カタカナ生保・損保系生保にしぼって、競合商品をピックアップしました。

保険料の安さなら

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』は、充実した保障内容からすると、とても割安感の高い医療保険です。
もっとも、これほど充実した保障を必要としない人もいるはずです。

たとえば、この医療保険は、放射線治療や骨髄ドナーの手術でも、一時金が出ます。
これに対して、「そんな一時金はなくてもいいから、そのぶん保険料を下げてほしい」と考える人はいるでしょう。

こういう方は、以下の医療保険を、比較検討の対象に含めましょう。

  • FWD富士生命『さいふにやさしい医療保険』
  • チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』

FWD富士生命『さいふにやさしい医療保険』は、とことん保障をシンプルにできる医療保険です。手術給付金でさえ取り外して、入院給付金のみの保障にすることができます。それだけ保険料を下げられます。

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』は、入院1回あたり30日間までの保障という設定が可能です(ふつうは60日間)。この設定にすることで、保険料をグンと安くできます。

特約の品ぞろえの充実なら

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』の、特約の品ぞろえは充実しています。不満を感じることは少ないかもしれません。

とは言え、特約の品ぞろえは、保険各社の工夫の差が出やすいところです。より充実した保障を求めるなら、いろいろと比べたくなります。

こういう方は、以下の医療保険を、比較検討の対象に含めましょう。

  • アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』
  • チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』
  • 東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』
  • 三井住友海上あいおい生命『&LIFE 新医療保険Aプレミア』

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』は、もっとも売れている医療保険で、やや手厚いながら、業界標準の保障内容です。5日以内の短期入院に手厚くなっています。特約も8個用意されており、一通りのことができます。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』とタイプが似ており、比較しやすいです。

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』は、特約の数そのものは多くありません(もっとも、一通りのものはそろっています)。注目は、ストレス性疾病延長入院給付金です。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では難しい、精神や神経の疾病による超長期入院への準備が、可能になっています。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』は、11個の特約を用意しています。その組み合わせ方によって、かなりの自由設計が可能になっています。

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 新医療保険Aプレミア』は、5日以内の短期入院に手厚くなっています。特則を付加して、10日以内に拡張できます。また、放射線治療に加えて、集中治療でも手術給付金と同額が出ます。さらに10個の特約が用意されています。

医療保険は、競合する商品が多く、保険料は接近しています。しっかりと比較して選びましょう。

ご覧いただいたように、医療保険は、競合する商品が多く、保険料は接近しています。限られた商品の中から気に入ったものを選ぶ、という決め方では、ご自分に最適な商品を見逃してしまう危険があります。

保険料の差が接近しているので、見積もりの条件(性別、年齢)や保障内容によって、割安感の優劣は入れかわってしまいます。
しっかりと比較して選びましょう。

複数の主要な医療保険の見積もりを集めて、保障内容などの条件をそろえて比較するのは、かなりやっかいです。

主だった保険商品の見積もりを集めるだけで時間と労力がかかります。さらに、条件を合わせて比較しようとしても、専門用語を誤解したり、細かな違いを見落としたりと、失敗する危険があります。

保険の専門家を上手に活用することをオススメします。そのための手軽で安心な方法は、
賢い生命保険の入り方
をご覧ください。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system