生命保険料を節約するポイント

不要な死亡保険を解約・減額

あなたの加入している生命保険が掛け捨ての死亡保険で、ここ何年も見直していなければ、保障を減らせるかを検討しましょう。
一般のご家庭では、お子さんの自立までの残り期間が減るにつれて、必要な保障額も着実に減少します。

  • すでに子供は自立している
            → 掛け捨ての部分を解約するか、減額する
  • 何年も見直していない
            → 掛け捨ての部分を減額する

保険会社の営業は、最新の保険商品への切り替えを勧めるかもしれませんが、これは節約にはならないので断ります。

割高な生命保険に加入しているときは、他社に乗りかえる

生命保険料は保険会社によって大きく異なっています。
基本的には

国内大手生保  新興生保、損保系生保、ネット生保など

という構図になっています。つまり、 国内大手生保が割高になりがちです。下手すると2倍くらいの格差で。
詳しくは 生命保険料の保険会社格差をお読みください。
もし国内大手生保に加入していたら、他社への乗りかえを検討しましょう。

どの生命保険会社のどんな生命保険商品に乗りかえたらいいのか、については一概には言えません。専門家にご相談ください。
乗りかえについては、他社の生命保険への乗りかえ方法をお読みください。

医療保険に入りすぎていないかも確認

厚生労働省による平成21年の調査では、65歳〜90歳の間の医療費の自己負担額合計は約196万円になっています。
これによると、 65歳の時点で、一人あたり200万円くらいの余裕資金があれば、平均寿命くらいまでの医療費はまかなえることになります。

平均の数字なので、絶対安全な金額ではありませんが、目安にはなります。
医療保険や、死亡保険に付加されている入院特約などをチェックし、必要があれば解約・減額してください。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。
inserted by FC2 system