生命保険の種類

いろいろある中から、主なもの、このサイトで取り上げたいものをまとめました。

保険の種類 概要 ポイント
定期の死亡保険
《詳細》
死んだら遺族等に保険金が支払われます。
保障される期間が決まっています。
一定期間限定の死亡保障がほしい人に向いています。
いわゆる掛け捨ての保険です。
逓減定期の死亡保険 定期の死亡保険の機能を進化させた死亡保険。自動的に保険金(受け取れる金額)が減少します。 子供が自立するまでの、世帯主の死亡保障に向いています。
いわゆる掛け捨ての保険です。
収入保障保険
《詳細》
上の逓減定期の死亡保険に、保険金を月々に分割して受け取れる機能が加わりました。 子供が自立するまでの、世帯主の死亡保障に最適です。
いわゆる掛け捨ての保険です。
終身の死亡保険
《詳細》
死んだら遺族等に保険金が支払われます。
保障される期間は一生涯です。
一生涯の死亡保障がほしい人に向いています。保険料は定期保険よりかなり高くなります。
貯蓄性があります(注1)。
定期付終身保険
《詳細》
終身保険を主契約、定期保険を特約とするセット商品です。
子持ち世帯向けです。
保険としてどうこう言う以前に、国内大手生保の割高な商品ばかりなので、お勧めできません。
アカウント型保険
《詳細》
定期付終身保険の進化形です。見直しが柔軟にできるようになりました。 定期付終身保険の欠点をすべて引き継いだ上で、いっそうわかりにくくなっています。
組み合わせ型保険
自分で保障の組み合わせを選べるセット商品です。 定期付終身保険より柔軟性は高くなっていますが、その欠点のほとんどを受け継いでいます。
医療保険
《詳細》
入院したときの、治療費をまかなうための保険です。 定期型と終身型があります。
入院給付金(入院日数に応じた給付金)と手術給付金がメイン。
引受基準緩和型医療保険 健康体でない人向けの医療保険です。 保険料は、普通の医療保険より高くなります。加入できる条件は、保険会社によって差があります。
がん保険 がんの治療に特化した医療保険です。 定期タイプと終身タイプがあります。
保険会社によって、もっとも商品内容に違いがあるジャンルです。
養老保険 保障される期間が決まっていて、死んでも死ななくても、満期になると所定の金額が支払われます。 低金利の昨今では貯蓄としてのうまみはありません。
取り扱っていない保険会社は多数あります。
個人年金保険 老後のため生命保険会社に貯金する、という保険商品です。 低金利時代ゆえに、利回りは悪いです。それでも預貯金よりは高いです。
要件をみたすと税金面で優遇されます。
学資保険
《詳細》
学資を貯めるための保険です。子供や親の入院・死亡を保障する商品もあります。 低金利時代ゆえに、利回りは悪いです。ただし、20年前後の堅実な貯蓄としては、預貯金より優秀です。

生命保険と似ている商品

損害保険

損害保険会社も、死亡や病気・けがに対して、保険金や給付金が出る商品を取り扱っています。

保険の種類 概要 ポイント
傷害保険 ケガによる死傷の損害を補償します(病気は含まない)。 死亡保険金、治療費の補償がメインですが、その範囲は保険会社によって異なります。
人身傷害保険 自動車保険に付く傷害保険。 死亡保険金、治療費だけでなく、休業補償、慰謝料など補償範囲は広いです。
医療保険 生命保険会社の医療保険とほとんど同じ。

共済

共済は、組織の成り立ちが保険会社とは違います。そのため、保険料を掛金、配当を割戻金と呼ぶなど、細かな違いは多数あります。
しかし、消費者の目線では、生命保険と同じサービスと考えてよいでしょう。

品ぞろえはとても充実しています。生命保険会社の保険商品と同じような保障は、一通り提供されています。
ただし、アカウント型保険、収入保障保険など、比較的あたらしいタイプの保障は例外です。
表にすると、上の生命保険の表の繰り返しになるので、割愛します。

なお、共済を検討されるときは、共済も検討すべき?を参考になさってください。

FPに無料相談できて、おトクなキャンペーン実施中

ご自身の場合はどうなるのか!?保険と家計の専門家、FPに相談しませんか。

  • FPが無料で相談にのります。
  • こちらの都合に合わせて、自宅や指定の場所にFPが来ます。
  • 保険に加入する義務はありません
  • 今ならおトクなキャンペーン実施中。

更新情報

★☆ご注意☆★
商品内容や数値の取り扱いには慎重を期していますが、責任を負うことはできません。ご検討に際しては、必ず保険会社または正規の取扱者にご確認ください。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system