生命保険用語集 【 そ 】

生命保険会社、保険の種類、ご契約書類などによって、言葉の使い方が少し異なる可能性があります。

ソルベンシー・マージン比率

保険業法という法律でで定められた、保険会社の健全性をチェックするための数値。
生命保険会社だけでなく、損害保険会社にも使われる。

簡単に言うと、それぞれの保険会社が保有している保険契約に対する、資金的な余裕を%で表す。

200%より低くなると、金融庁から何らかの指導が入るし、たぶんテレビ・新聞などで騒ぎになる。
そう考えると、200%では手遅れに近いかも。

参考に、過去に破綻した生命保険会社の、破綻時またはその直近のソルベンシー・マージン比率を調べてみました。

大和生命の555%という数値を危険ラインとすると、現在(2012年3月決算)その数値より低い生命保険会社は数社あります。

inserted by FC2 system