生命保険用語集 【 て 】

生命保険会社、保険の種類、ご契約書類などによって、言葉の使い方が少し異なる可能性があります。

低解約返戻金型

途中で生命保険を解約すると、それまでに積み立てられていた金額が、生命保険会社から戻ってきます。これが解約返戻金。
同じタイプの生命保険商品の中で、解約返戻金を低く抑えて、そのかわりに保険料を割安にしているタイプを、低解約返戻金型と呼びます。

保障としての役割は通常タイプの保険と同じです。

保険料を払い込む期間が終わるまで生命保険契約を継続するなら、保険料負担が軽いのでオトク。
保険料を払い込む期間の途中で解約するなら、通常タイプより損をすることになります。

定期保険特約付〜

終身保険、養老保険、生存保険等に、特約として定期保険をくっつけた生命保険です。

定期保険は掛け捨て保険なので、これをくっつけると貯蓄性は下がりますが、割安に保障手厚くできます。

わたしは、原則として、特約をつけることを勧めません。特に定期保険特約は慎重に。
その長所短所を理解した上で、納得の上選びましょう。

転換

現在加入している生命保険を、同じ生命保険会社の他の商品に乗り換えること。
これまでに積み立てられていたお金が、新しく加入する生命保険に移されるので、そのぶんだけ保険料が安くなります。

一見するとオトクなようですが、そんなことはありません。

他社の生命保険に乗りかえる場合、これまでに積み立てられていたお金を解約返戻金として受け取ることができます。
そして、新しく契約する生命保険会社に「頭金」制度があれば、解約返戻金を頭金として支払えば、やはり保険料は安くなります。
多少てまが増えるだけです。

inserted by FC2 system