生命保険用語集 【 ち 】

生命保険会社、保険の種類、ご契約書類などによって、言葉の使い方が少し異なる可能性があります。

貯蓄性

一般に貯蓄というと、あずけたお金が、いくらか増えて戻ってくるというイメージがあります。
生命保険の中で貯蓄性があるとされる保険商品は、必ずしも、一般的な貯蓄のイメージには合致しません。

長く続ければ増えて返ってくるけれど、短期間に解約すると元本割れするとか。
支払った金額と比べて増えて返ってくるわけではないのに、生存給付金(契約してから、所定の期間が過ぎると、保険会社から支払われるお金)があるだけで、貯蓄性があると宣伝していたり。

保険を販売する人が嘘を言っていなくとも、加入する側が、自分の中にある貯蓄のイメージで生命保険の貯蓄性をとらえてしまうと、誤解につながりかねません。
生命保険の貯蓄性の話題をするときは、しつこく「保険料の支払い合計額」と「生命保険会社から戻ってくる金額」を確認しましょう。

inserted by FC2 system